オナニーって1日に何回もしてもいいの?

性に関するお悩み相談でも多いなーと感じる、オナニー1日に何回もやっていいのか問題。

男子でも女子でも、オナニー問題は気になる人も多いはず。

なので、今日はそのことについて取り上げようと思います。

スポンサーリンク

長時間オナニーをするとテクノブレイクを起こして死ぬ説。

みなさん、「テクノブレイク」って言葉をご存知でしょうか?

テクノブレイクとは、過剰なマスターベーションによる突然死を指す言葉である。

Weblio辞書

すげー怖いじゃん…と思う人もいるかもしれませんが。

オナニーをしすぎて死ぬことはない

オナニーをしすぎてテクノブレイクを起こして死ぬことはまずないから、安心してほしい!

そもそも、テクノブレイクはオナニーをしすぎることで性ホルモンが過剰に分泌されて起こす症状だというふうに言われています。

だけど、その科学的根拠はありません。

そして「テクノブレイク」という言葉が生まれた発端として「1日35回のオナニーを1週間続けて死んだ若者」とか「性行為中に亡くなった検死例の8%がオナニー中の死亡」というのが、根拠としてあるとか(聖隷浜松病院:今井先生談)。

そもそも35回もオナニーって体力的に無理だし、性行為中に亡くなるというのも心負荷がかかった高齢者やアブナイ薬をやりながら、とかそういう理由がありそうで。

だからこそ、オナニーをしすぎて突然死を招くことはないに等しいわけです。

オナニーをすることは体にいいこと?悪いこと?

では、オナニーをすることは体にとっていいことなのか?悪いことなのか?という疑問。

もしかしたらおのずと答えはわかるかもしれません。

オナニーをすることは体に悪いことはない

オナニーをすることは体に悪いことはないし、むしろいいことだと思います。

快楽を得るのはもちろんのこと、もしかしたら気分転換や、ストレスの発散になるでしょう。

回数が多くて日常生活に支障がある、自分でコントロールできないときは要注意

オナニーをいつでもどこでもやりたくて仕方ない、その衝動を抑えきれないなど…。

オナニーの回数が多くて日常生活に支障がある、自分でコントロールできないときは要注意です。

もしかしたらストレスを過度に抱えている可能性や不安や焦燥感に駆られている可能性があります。

「オナニーがやめられなくて困っている」と他の人に伝えるのは少し恥ずかしいことかもしれません。

そんなにオナニーをやってしまう理由は何なのか、もしかしたら何か理由があるかも。

その理由がわかって、その理由や問題が他の人に話せるのなら話してみて。

もしもそれが難しいようであれば、信頼できる大人にこっそり話してみたり、場合によっては心療内科や思春期外来などを受診して、自分が抱えている心配や問題を話してみるのもいいかもしれません。

友だち追加

もしも誰にも話しにくい、ということであれば、助産院Coloréでやっている、LINEでの「性のお悩み相談」でもお話聞きますよ。

スポンサーリンク

男子でも女子でも、オナニーをするときに気を付けてほしいこと

男子でも女子でも、オナニーをするときに気を付けてほしいことがあります。

きれいな手でやる

性器ってデリケートな部分ですから、汚い手で触ると雑菌が繁殖してしまい痒みの原因になってしまうことが考えられます。

そのため、必ず手を洗ってからやるようにしてください。

自分1人の場所でやる

だれかがいるところや見ているところで、オナニーをやることは言語道断。

性器はプライベートゾーンの1つです。

人に見せたりするような場所ではありませんし、プライベートゾーンを同意なく他人に見せることは暴力的な行為です。

自分の部屋やトイレなど、自分1人の場所でオナニーをするようにしてください。

強い力を入れず、不自然な姿勢でやらない

強い力でオナニーをすると、その強さでしか快感を得られなくなります。

グリップや押し付けを強くするなど。

床オナとかがいい例ですよね。

あれは足をピンと伸ばした状態でもあるので、非常に不自然な姿勢です。

強い力や不自然な姿勢でしか快感を得られないと、普段のセックスでは快感を得られないんですね。

男性に至っては腟内射精ができなくなり、男性不妊の原因になることも。

最近腟内射精障害の男性が増えてきつつあるので気を付けてくださいね。

何回やってもいいけど、やり方は守ってね

自分の体力が持つのなら、オナニーは何回やっても大丈夫!

だけど、きれいな手でやる、自分1人の場所でやる、強い力を入れず、不自然な姿勢でやらないということを守って、オナニーをするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です