大家族はやばいのか?実は避妊指導が必要なときもある

大家族というと、
「あら!子だくさんでいいわね~」
「にぎやかで楽しそうだ!」とポジティブに捉えられがちです。

望んで大家族になっている人がいる一方、望まずに大家族になっているパターンも。

病院でも勤務しているコブチは後者のパターンの方とよく関わるので、今日はそのことについて考えていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

大家族はやばいわけではないが、闇を抱えている場合も

大家族=やばいというわけではない。

ただ、

  • 体の負担
  • 心の負担
  • 金銭面の負担

さまざまな理由で避妊指導をしていく必要があります。

実は話を聞いていると、いろいろと闇を抱えている場合もあるのです。

1つずつ解説していきますね。

1.実は避妊方法を間違っているパターン

実は夫婦ともに避妊方法を間違って認識しているパターンがあります。

以前関わった多産婦さんで、コンドームの装着タイミングを間違えている夫婦が。
その夫婦はコンドームを「射精直前につけている」とのことで、それだと避妊はされないよね、という。
(カウパー腺液でも妊娠する可能性は大いにあるため)

逆に射精直前にコンドームを装着するって、個人的にはムードとかリズム感とか、タイミングとかが一気に崩れるなーと思って。

逆にすごいなと当時は感じてしまったのですが、そういう夫婦もいるわけで。

改めて、避妊方法はあっているのかパートナーと確認するのもいいかもしれませんね。

2.暴力的な性行為をしているパターン

「暴力的な性行為」と聞くと、殴る蹴るというのを想像してしまうかもしれないですが、必ずしもそうとは限りません。
「避妊をしない性行為」は立派な暴力なのです。

というのも「避妊をしてほしい」とお願いしても、

  • 『いや、ゴムのアレルギーなんだ……』
  • 『ゴムをすると感度が下がる……』
  • 『オレは妊娠させないから大丈夫』

など、何かにつけて避妊をしたがらない男が世の中には存在します。

それはカップルでも夫婦間でも、です。

夫婦だったら何でも言い合えるのではないか?と思う人もいるかもしれません。

しかし、日々女性に関わっているわたしからすると、必ずしもそうではなく。

自分がそのように言ったら怒られるかもしれない、嫌われるかもしれない……と思っている方もいるのです。
(関係性がそもそも対等ではなく、支配的な関係になってしまっていますね)

避妊をしてくれない性行為=性暴力。

この認識をできていない人が世の中めちゃくちゃ多く、声を大にして伝えたい。

本当は、あなたの体はあなたのものなんだから、あなたが決めていいんだよ、と。

スポンサーリンク

3.お金がなくてコンドームを買えない

最近の物価高と、大家族であるがゆえ経済的困窮がありお金がなくてコンドームが買えないという人がいます。

最近『生理の貧困』という言葉を聞きますね。
これは経済的な理由などから生理用品を手に入れるのが困難なことをさすのですが……。

わたしは「お金がなくてコンドームを買えない」というのを聞いて、生理の貧困と同じじゃないか……!と。

最近では生理の貧困対策を国や自治体が行っています。

それ、実はコンドームにも必要なのではないか?

国からすれば少子化を食い止めたいのでしょうが、大前提として「ほしいときにほしいと思う人数を自分で決める」というのがあります。
リプロダクティブヘルス&ライツですね。

コンドームは避妊具、そして性感染症予防のツールでもありますから、必要な人に届けることが必要なんじゃないかなーと。

正しい避妊方法を知って、ほしいと思う人数、タイミングを

リプロダクティブヘルス&ライツの観点から、正しい避妊方法を知ることはとても大切。

大前提として大家族を否定しているわけではありません。
世の中には望んで大家族になっているカップルもいれば、そうでないカップルも一定数存在します。
そして大家族であるがゆえ苦しんでいる人もいます。

これはわたしが10年以上臨床にいて、実際に目の当たりにしています。

理想は(というかこれが普通だけれど)ほしいと思う人数、ほしいと思うタイミングで迎え入れられること。

そしてこれをカップルで話し合えること。
これが一番大切です。

「あ、うやむやになっていたなー」と思い当たる節があった方は、ぜひパートナーと話し合ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です